ニキビを潰してはいけない理由

ニキビはなぜ潰してはいけないのでしょうか。
ニキビの中芯がある場合はそれを取り出せば治りが早くなると思われますが違います。潰すことによってケガと同じような状態になるので元に戻るのには時間がかかるのです。

また潰した時に自分の指の黴菌が入ってしまい炎症がさらにひどくなるのです。

手が汚れていなくても大丈夫ではありません。
目に見えない黴菌が入り込む可能性が高いのです。また色素沈着やあばたになりやすいので大人ニキビの方は特に気を付けてください。


美容皮膚科ではニキビ治療として中の膿を出すことがありますがきちんと消毒をした器具を使って出しますのでそのあと炎症がひどくなることもありませんし治りも早く跡が残りにくいのです。

大きくなりすぎて自分ではどうにもできなくなったときには先生に切ってもらいましょう。

市販されているニキビを潰す専用の器具がありますが、こちらも器具の扱いが雑ですと黴菌が入るので危険です。

この治療は保険が適応されますので治療費も安くつきますし塗り薬も処方してもらえるので病院に行った方がいいでしょう。

ちなみに一度つぶれた吹き出物はまた再発することもあります。

まだ芯が残っているからなのですが病院で潰してもらうと芯も完全に取り除かれますので再発する危険性が少なくなります。
どうしても早く治したい場合は潰さずに薬を付けるのが方法です。
寝ている間に薬が膿を吸いだして炎症を小さくしてくれます。

跡も残らずきれいに治るのです。